旭鮨の心

美味しさに加えて、感動と心癒されるひとときを

美味しさに加えて、感動と心癒されるひとときを

私ども旭鮨総本店は、昭和二年の創業以来、 より良い素材を探し、味わい深さを追求し、最上のおもてなしを心掛けてまいりました。
創業者が屋号に掲げた「旭」には、朝日のごとく勢いよく昇り、 山川草木を初め、万物をあまねく照らす原点という意味があります。 しかし「朝日」ではなく「旭」の字を当てたのは、「旭」は分解すると 「九日」となり、十日を満願とするとその一歩手前になるからです。 どんなに成功しても、いつも「九日」、まだまだと心を緩めずに常に 自分を励まし続けるという戒めから名付けられました。
伝統の継承と、鮨の道へ尽きることない探究心。

より良い素材の追求

鮨にとって素材は命。食材への徹底したこだわりと、 厳選された最高級のネタを味わって戴けるよう 心掛けております。

より良い素材の追求

味わい深さの追求

素晴らしい素材が活きるのは、職人の腕があってこそ。 お客様に質の高い料理とサービスを提供するため、板前の技を磨き、技術の継承に日々努めております。

味わい深さの追求

最上のおもてなしを

最上のおもてなしを

お客様に感動と心癒されるひとときを過ごしていただきたい。 それが旭鮨全スタッフの思いです。
そのためにはまず、スタッフ同士が思いやりと助け合いの精神をもち 豊かな心でお客様に接することが大切だと考えています。
なにも特別なことはしなくても、自然で心が安らぐおもてなしを目指しています。